/

新潟のサントピアワールド、ネットで資金調達

遊園地を運営するサントピアワールド(新潟県阿賀野市)は、ネットで資金を募るクラウドファンディング(CF)を始めた。新型コロナウイルスの影響で臨時休園や利用者の減少が続き、運転資金が不足している。調達資金は年間約3000万円かかるアトラクション維持費などに充てる。

クラウドファンディングの期間は7月30日まで。目標金額は5000万円。資金を提供してくれた支援者には、金額に応じて「おやこで1日フリーキップ」やアトラクションに乗り放題の「生涯フリーパスポート」などを返礼品として送る。

サントピアワールドは1976年に安田アイランドとして開園。12月から3月までは積雪のため休園しており、5月の連休と夏休みが売り上げの大きな柱となっている。今年の連休は臨時休園となり、収益も落ち込んだ。現時点では来年の営業も難しい状況といい、クラウドファンディングで支援を呼びかけている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン