/

この記事は会員限定です

40万円安くても売れない 中古ブランド神話に転機

シェアエコ奮闘記(2)

(更新) [有料会員限定]

2020年1月、中国・上海の現地オフィスから耳慣れない情報が入った。「武漢で新ウイルスが流行」、「マスクが足りない、大量に送ってほしい」。中古品スタートアップ企業のアクティブソナー(東京・港)で緊張が一気に高まるなか、青木康時社長(42)は冷静に情報を分析した。

急成長が一転、「初めての経験」

急成長するシェアリングエコノミー(シェアエコ)のなかでも、注目が高かったのが中古ブランド品の売買だ。耐久性が高く価値が下がりづらい高級ブ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1758文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

シェアエコ奮闘記

若者を中心に広まるシェアリングエコノミー(シェアエコ)にも新型コロナウイルスの感染拡大は影響を及ぼしつつある。だが、シェアエコ経営者らは「危機をチャンスに」と立ち止まっていない。その奮闘の日々を追った。(この連載は本編4回と番外編1回で構成します)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン