/

この記事は会員限定です

三菱一号館美術館館長の高橋明也さん 仏で自立心育む

それでも親子

[有料会員限定]

著名人が両親から学んだことや思い出などを語る「それでも親子」。今回は三菱一号館美術館館長の高橋明也さんだ。

――小学校6年から1年間、フランスで過ごされた。

「東京オリンピックの翌年(1965年)、早稲田大学で教えていた父(高橋彦明)が交換教授でパリ大学に行くことになり、母と私も同行しました。空路を使ってもよかったのですが、横浜からマルセイユまでの定期航路を利用して片道40日、往復80日の旅をしま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り931文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン