東京都の保有資金、9年ぶり減少へ 20年度

2020/6/1 16:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都の保有資金が9年ぶりに減る見通しだ。2019年度の平均残高は6.4兆円と比較できる06年度以降で最高だったが、20年度は自治体間の税収格差を縮める措置の影響で年度当初の計画ベースで5.7兆円を見込む。加えて足元では新型コロナウイルス対策事業を相次いで編成しており、さらに下振れする公算が大きい。都の財政は転換点を迎えている。

保有資金は徴税や都債の発行で得られたお金から様々な事業の実施に使う…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]