つがるりんごセラミド、21年にリンゴセラミド商業生産

2020/6/1 16:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

化粧品原料製造の日本ハルマ(青森県弘前市)の子会社、つがるりんごセラミド(同)は2021年から県産リンゴの搾りかすを原料に機能性成分の「セラミド」の商業生産に入る。リンゴセラミドは多様な健康機能性があるとみられており、弘前大学と共同研究中。果実由来を前面に出し化粧品材料としてメーカーに販売する。食品への活用も計画している。

リンゴジュースを搾ったあとに残る残さからセラミドなど機能性成分を素材にす…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]