在宅勤務に商機あり テレワーク製品、静岡で需要増

2020/6/1 16:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

静岡県内で在宅勤務向け製品への引き合いが強まっている。緊急事態宣言の解除後もテレワークが続くことを見越して、関連機器を買い求めるビジネスマンが多い。自宅で業務に集中するために新たに防音室を設ける動きもある。政府の専門家による基本的対処方針等諮問委員会は宣言解除後もテレワークなど「新しい生活様式」の定着を求めており、県内でも関連産業が拡大しそうだ。

「4月以降、週末にテレワーク関連の機器を買い求め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]