借入時の商慣習、後継候補は及び腰に 幸村俊哉弁護士
見直し進む個人保証(1)

事業承継
2020/6/2 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本では長く、銀行など金融機関が中小企業に融資する際、経営者による保証を求めてきました。この商慣習を見直すことが、事業承継をスムーズに進めるカギになっています。

「会社の借金を負う覚悟ができていない」。関東の中小企業で次期社長に指名されたある人物はこう言って、打診を断りました。個人保証に苦い思い出があったからです。

その企業は過去に経営危機に直面し、金融機関から借入金の返済を求められました。しか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]