/

この記事は会員限定です

借入時の商慣習、後継候補は及び腰に 幸村俊哉弁護士

見直し進む個人保証(1)

[有料会員限定]

日本では長く、銀行など金融機関が中小企業に融資する際、経営者による保証を求めてきました。この商慣習を見直すことが、事業承継をスムーズに進めるカギになっています。

「会社の借金を負う覚悟ができていない」。関東の中小企業で次期社長に指名されたある人物はこう言って、打診を断りました。個人保証に苦い思い出があったからです。

その企業は過去に経営危機に直面し、金融機関から借入金の返済を求められました。しかし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り739文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

中小企業が事業承継を行う上で、どのような計画が必要でしょうか。 後継者探し、相続税や贈与税といった税金など、課題は少なくありません。 このコラムでは、実例や当時の経営者の考え方を踏まえながら、事業承継で失敗しないための対策について考えていきます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン