「なぜ僕らは働くのか」学校図書館向けを一般書に
ベストセラーの裏側

読書
2020/6/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

池上彰監修(学研プラス・1500円)
▼漫画のストーリーを楽しみながら、仕事の種類や幸せな働き方なども詳しく学べる構成だ。

不安と希望の入り交じったような表情の少年の横顔が印象的な表紙だ。3月に発売された池上彰監修『なぜ僕らは働くのか』(学研プラス)が好調な滑り出しをみせる。累計の発行部数は6月中には16万5千部に達する。

主人公は東京の進学校になじめず不登校になり、母の実家のある広島に引っ越した中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]