[FT]シンガポールで存在感高める中国テック企業

FT
2020/6/1 16:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北京字節跳動科技(バイトダンス)やアリババ集団などの中国テクノロジー企業が東南アジアでの米企業との主導権争いを優位に運ぶため、シンガポールで拠点拡大に動いている。

複数の関係者によると、シンガポールで拠点を拡充したり、増員を計画したりしている企業には人工知能(AI)スタートアップの商湯科技(センスタイム)やオンライン旅行予約サイトの携程旅行網(シートリップ)、SNS(交流サイト)の「YY」を手が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]