/

この記事は会員限定です

りそなHD社長、優先株で中小を支援 新型コロナで

[有料会員限定]

りそなホールディングスの南昌宏社長は1日までに日本経済新聞のインタビューに応じた。新型コロナウイルスの影響が長引き、自己資本が毀損した中小企業には「優先株式や劣後ローンなどの資本も提供する」と語った。スマートフォンによる金融取引を加速する一方、信託銀行を兼ねる強みで事業承継や相続の案件積み上げもめざす。

足元では資金繰りに窮した企業から支援要請が相次ぐが、減収が続いて赤字になれば資本が傷む中小企業も増える。南氏は「融資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り342文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン