[FT]仏地方選、マクロン与党はコロナ禍と内紛で苦戦

2020/6/1 16:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政治組織「前進」を立ち上げた4年前、マクロン仏大統領は「右でも左でもない」新しい政治運動という発想は「少し常軌を逸している」と説明し、成功するどうかは分からないと語っていた。

1年後、その組織は新たな政党「共和国前進(REM)」となって大成功を収めた。同党は2017年5月にマクロン氏を大統領の座に押し上げ、直後の国民議会(下院)総選挙で左右の既存政党に圧勝し、過半数を獲得したのだ。当選者の多くは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]