/

ぐるなび、飲食店向け食材ECサイト 生産者も支援

ぐるなびは飲食店向けに国産食材を販売するECサイト「ぐるなびフードモール」を新たに開設する

ぐるなびは新型コロナウイルスで打撃を受ける外食産業を支援するため、国産の食材を購入できる飲食店向け電子商取引(EC)サイトを7月上旬に始める。ウェブサイト上で食材の生産者と飲食店をマッチングする仕組み。農林水産省が補助し、飲食店は通常価格の半分で食材を購入できる。通常営業の再開が難しい飲食店や、産品の販売が滞っている生産者を支援する。

ぐるなびは新たにECサイト「ぐるなびFOODMALL(フードモール)」を始める。5月29日に飲食店の登録受け付けを始めた。販売する品目は和牛肉、マグロ類、果実など全11種類。今後、品目を追加していく見込み。

生産者や卸は食材をぐるなびフードモールのウェブサイトに掲載。飲食店はサイト上で食材を注文でき、生産者から直接食材を購入する仕組み。農林水産省が手がける支援事業の一環で、同省が補助し、飲食店は通常価格の半額で食材を購入できる。

新型コロナの影響で飲食店の利用が減っている。これに伴い、生産者も在庫の増加や商品の価格低下に直面しているという。ぐるなびは飲食店と生産者を結びつけることで、生産者の販路拡大や飲食店の支援につなげたい考えだ。(平岡大輝)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン