/

この記事は会員限定です

勢い増す「環境アクティビズム」 NPOと投資家が共闘

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

日米企業の株主総会で環境関連の株主提案が支持を得るようになってきた。ESG(環境・社会・企業統治)投資の拡大が背景にある。投資家と環境問題などに詳しいNPOが接近し、環境版のアクティビスト(物言う株主)が生まれつつある点も見逃せない。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

「大手投資家はESG投資というより、環境アクティビズムへとシフトしつつある」――。国際金融...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1449文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン