/

5月の投信、新規設定の低調続く 設定本数11本

5月に新規設定された国内公募投資信託は当初設定額の合計が約113億円(自己設定除く)となり、前月の4億円と比べ増加した。新規設定本数も前月より4本多い11本だった。ただ、新型コロナウイルスの影響で不安定な運用環境が続くなか、新しいファンドの設定を手控える雰囲気は残る。当初設定額、設定本数とも前年同月(688億円、26本)を大幅に下回った。

5月に新規設定されたファンドのうち、当初設定額が100億円を超えたのは1本のみ。大半が確定拠出年金(DC)向けのファンドで、11本のうち8本は運用会社による少額の自己設定だった。

最も多く資金を集めたのは、アセットマネジメントOneが29日に設定した単位型「ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2020-05(愛称:プライムOne2020-05)」の106億円。約10年後の満期償還時に円建てでの元本確保を目指すシリーズの第19弾で、前回3月の371億円より少なかった。シリーズの当初設定額合計は3900億円を超え、6月には第20弾の設定も控えている。

(QUICK資産運用研究所 西本ゆき)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン