/

地元の日本酒飲み比べて 奈良の酒卸がセット販売

酒類卸売りの泉屋(奈良市)は飲み比べができる日本酒のセット販売を始めた。新型コロナウイルスで需要が低迷する地元の酒蔵を応援する。

京都府と奈良県の日本酒をセットで販売する。泉屋の今西栄策社長によると、直近の同社の業務用の酒類の販売は「例年の1~2割程度」。新型コロナで観光客が激減していて、居酒屋での会食の機会もなくなる。今西社長は「家で飲んでストレス解消につなげてほしい」と話した。

電子商取引(EC)サイトのアマゾンで販売する。価格は税抜き3000~5000円。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン