ソフトバンク、出社率5割以下に KDDIも在宅勤務継続

2020/6/1 11:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

携帯通信大手が新型コロナウイルスの感染拡大防止のために働き方を見直す。ソフトバンクは国内の社員約1万7千人の出社率を最大5割に抑える。KDDIは最大3割とし、オフィスでの座席占有率を5割にする。緊急事態宣言の解除後も在宅勤務やテレワークを推奨し、社員の出勤を最小限にとどめる方針だ。

ソフトバンクは近く新たな働き方の指針を公表する。執務エリアの利用率を5割以下とし、会議は原則オンラインで開く。営業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]