/

大阪の小中学校で授業再開 予防徹底 休業も解除

新型コロナウイルスの影響で大阪、京都、兵庫の3府県の一部施設に続いていた休業要請が1日、全面解除された。臨時休校していた大阪府内の小中学校や高校も、約3カ月ぶりに全学年の授業を再開。スポーツクラブなどが営業を再開し、感染防止対策を徹底する新たな「日常生活」がスタートした。

「集まりすぎないように、順番に宿題を提出してください」。1日、大阪市立中野小学校(都島区)の4年1組の教室で授業の冒頭、教諭が児童に呼びかけた。同校には同日朝、児童約200人が登校し、教室に入る前に手洗いとアルコール消毒を済ませ、間隔を空けて着席した。一足早く臨時授業が始まっていた6年生以外にとっては、今年度初めての授業だ。

同校では午前と午後に分けて児童が登校。教諭は飛沫感染防止のためフェースシールドをつけて教壇に立った。市教育委員会は今後、市内の小中高校の児童・生徒約17万人分のシールドを手配。子どもにも授業中や給食の際に着用させるという。

府内の学校は5月25日から進学や受験を控えた小6・中3・高3の児童生徒に限って授業を再開。1日からは1教室当たり約20人に絞って分散登校させ、3~4時間の授業を実施する。15日から1教室当たり40人の通常授業を再開する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン