/

神奈川・大和市、歩きスマホ禁止の条例案を提出

神奈川県大和市は1日、歩きながらスマホを操作することを禁じる条例案を市議会に提出した。画面に気をとられて事故を起こさないよう、市民に注意を促す狙い。市によると、歩きスマホを禁じる条例は全国初という。可決されれば7月1日に施行する予定だ。罰則規定はない。

条例案では、道路や駅前広場、公園などの公共の場所で、歩きながらスマホを操作することを禁止。操作する場合は他の人や車の妨げにならないよう、立ち止まって行うよう定めている。市は歩きスマホ防止の施策を推進する責務を負う。

市が1月に市内の駅前で実施した調査によると、通行人約6000人のうち12%が歩きスマホをしていた。条例制定後は、道路や駅前、公園などで市職員が日常的に注意喚起を行う。施行後に歩きスマホの改善がみられなければ、罰則規定を追加することも検討する。

同市は「スマホは立ち止まって操作するもの、という意識を社会に浸透させたい」としている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン