渋谷駅、埼京線に新ホーム 山手線横並びで不便解消

2020/6/1 8:43
保存
共有
印刷
その他

JR渋谷駅で運用が開始された新ホームを出発する車両(左)。右奥は山手線(1日午前)=共同

JR渋谷駅で運用が開始された新ホームを出発する車両(左)。右奥は山手線(1日午前)=共同

JR渋谷駅では1日、従来の場所から北へ約350メートル移動し、山手線と並んだ埼京線新ホームの運用が始まった。乗り換え時間の短縮が期待される。1996年に渋谷駅に埼京線が開通して以来、24年を経て不便を解消。渋谷駅は周辺の再開発と連動し、山手線ホームの拡幅も予定する。

JR東日本によると、埼京線は新ホームの運用開始で、ハチ公改札や南改札と直接行き来が可能になった。長さは約310メートル、幅は旧ホームより約2メートル長い最大12メートル。線路の位置も最大1メートル高いという。

埼京線は96年、恵比寿駅に延伸。渋谷駅ではホームがハチ公前広場やスクランブル交差点から離れ、山手線や私鉄との乗り換えも不便だった。

その後、JR東や東急などによる一帯の再開発計画が具体化。東急東横線の渋谷駅が地下化し、東急百貨店東横店東館も営業を終了。山手線東側の建物が解体され、ホームを設置する余裕が生まれた。

切り替え工事は5月29日深夜に開始。影響で埼京線と湘南新宿ラインの新宿―大崎間は30、31日の2日間にわたり終日運休した。〔共同〕

渋谷駅の埼京線ホーム切り替えを知らせるポスター=JR東日本提供・共同

渋谷駅の埼京線ホーム切り替えを知らせるポスター=JR東日本提供・共同

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]