[社説]コロナ禍の苦境決算を次の変革に生かせ

2020/5/31 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コロナ禍で多くの上場企業が急激な業績の悪化に苦しんでいる。目の前の危機を乗り切る手立てを打つのと同時に、「コロナ後」に変わる事業環境を見据え、企業は自ら変革を急がねばならない。

上場企業の2020年3月期決算を5月29日時点で本紙が集計すると、全産業の純利益は前の期比28%減った。新型コロナウイルスの影響で収益は一気に暗転、1~3月期でみれば1兆3500億円の最終赤字となった。四半期の赤字額では…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]