/

東京・福岡の宣言再発令を否定 経財相「出す段階にない」

西村康稔経済財政・再生相は31日、新型コロナウイルスの感染者数が増加傾向だった東京都や福岡県に関し、現時点で緊急事態宣言の再発令を否定した。医療機関などでの集団感染で増えて感染経路を追えているため「現時点でまだそういう段階にない」と語った。

同日のNHK番組で表明した。東京は病院での集団感染や接待を伴う飲食店での感染者が出ている点を指摘した。福岡は北九州市で医療機関や老人福祉施設での集団的な感染の広がりをあげた。

「危機感を持って状況を見ている。大きな流行にしないように全力をあげなければいけない」とも述べた。この後、東京都が発表した5月31日の新規感染者数は6日ぶりに1桁台に下がった。北九州市は新たに12人の感染確認を公表した。

西村氏は同番組で、2020年度第2次補正予算案で10兆円を計上した予備費に関し、中小企業や個人事業主向けの持続化給付金の補填に使うと説明した。医療提供体制の整備も「足りない部分は予備費を使いたい」と強調した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン