/

この記事は会員限定です

「中国市場を手放せない」 値踏みされる民主主義

米中衝突 亀裂再び(下)

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの発生源に関する独立調査を求めたオーストラリアのモリソン首相。反発した中国から、豪州産農産物の輸入を規制する「報復」を受けた。それでも、モリソン氏は「国益に基づく主張を我慢することはない」と強気だ。

豪州は輸出の3割超を中国に依存する。それだけに経済への影響は小さくないが、国内の首相支持率は高まった。米調査会社モーニング・コンサルトによると、中国が輸入規制を打ち出した直後の19日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1031文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン