/

北九州で新たに16人感染 8日連続、計85人

(更新)

新型コロナウイルスの感染者が再び増えている北九州市は30日、新たに16人の感染を確認したと発表した。再び感染者が確認されるようになった23日以降では、8日連続で計85人の感染者が出たことになる。30日に確認された新規感染者のうち11人は無症状だった。

16人の新規感染者は20~40代の医療スタッフの男女計9人のほか、特別支援学校の30代男性教諭や男子小学生など。このうち11人は29日までに確認されている感染者の濃厚接触者だった。

30日に感染が判明した9人の医療スタッフはクラスター(感染者集団)が発生している北九州総合病院(同市小倉北区)に勤務している。市によると、このうち女性2人が市内の同じ認可保育園に子供を預けており、市は31日に園舎を消毒する。保育園は6月1日から当面の間、休園する。

感染拡大に伴い、このほか小中学校4校と特別支援学校1校の計5校の閉鎖が決まっている。

北九州市では4月30日から5月22日まで3週間以上、感染者が見つかっていなかったが、23日以降は状況が一変。北橋健治市長は同市の状況について感染拡大の「第2波のまっただ中にある」との認識を示している。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン