キャッシュレス決済阻むのは 公取委がみる問題点

2020/5/31 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

キャッシュレス決済をさらに使いやすくするにはどうすればいいか。公正取引委員会が決済サービスの問題点として目をつけているのは次の3つだ。(1)銀行と決済事業者との連携、(2)銀行の振込手数料、(3)決済システムの寡占。公取委はこれらのどこに問題があるとみているのだろうか。

■銀行と決済事業者の連携は

口座からチャージできるようにするため銀行と交渉しているが、高額の手数料を提示された。条件をのめば赤字…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]