/

この記事は会員限定です

夏ボーナス4.69%減 本社中間集計、マイナス幅拡大

[有料会員限定]

日本経済新聞社が30日まとめた賃金動向調査で、2020年夏のボーナス(5月13日時点、中間集計)支給額は前年比4.69%減の78万1287円だった。マイナスは2年連続で、減少幅は前年(0.69%減)より広がった。新型コロナウイルス禍について4社に1社が「マイナスの影響があった」と回答。次回のボーナス交渉への影響はさらに大きくなりそうだ。

19年夏と比較できる180社を中間集計としてまと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り400文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン