ルノー会長、日仏連合が「コロナ禍で結束」 一問一答

2020/5/30 16:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【パリ=白石透冴】仏自動車大手ルノーのジャンドミニク・スナール会長が29日、日本経済新聞の電話取材に応じ、同社欧州工場での日産自動車からの受託生産拡大に意欲を示した。生産などで結束を強める背景には新型コロナウイルスの流行があり、「(日産自動車・三菱自動車との)日仏連合の必要性が再認識された」と語った。主なやり取りは以下の通り。

――日仏連合は27日、技術や車種などで分業して各社の重複を減らす戦略…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]