コロナ禍で「逆流」する流通 分散時代の一等地を探れ
編集委員 中村直文

中村 直文
編集委員
2020/5/31 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「当面はデリバリーに投資の重点を置きたい」。台湾のティーカフェのゴンチャジャパン(東京・渋谷)の原田泳幸会長兼社長はこう話す。2020年は知名度アップへ出店拡大を急ぐはずが、新型コロナウイルスの感染拡大で方針を転換する。これまで店内飲食にこだわっていた鳥貴族もデリバリーや持ち帰りサービスの検討を始めた。

流通サービス産業に大激震が走っている。ワタミやロイヤルホールディングスが大量閉店を発表し、ア…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]