/

この記事は会員限定です

始まる「全ての会社員にイデコ」時代 老後格差拡大も

編集委員 田村正之

[有料会員限定]

5月末に成立した改正年金法の目玉の一つが個人型確定拠出年金(イデコ)の拡充だ。これまで基本的に併用ができなかった企業型確定拠出年金(DC)導入会社の社員でも、2022年10月から使えるようになる。「イデコ全会社員時代」の始まりだ。積極活用するかどうかで、企業型DC加入者720万人強の老後資金に大きな格差が生じる可能性がある。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

確定拠出年金は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1705文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン