国内データ通信量5割増 4~5月、民間調べ

2020/5/29 23:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大による国内データ通信量の増加が続いている。緊急事態宣言の発令などで外出自粛が広がった4~5月は、民間調査で前年水準に比べ5割以上のデータトラフィック(通信量)の増加がみられた。企業のテレワークの拡大や巣ごもり消費の増加が通信量を押し上げた。

データ配信の米アカマイ・テクノロジーズによると、国内のデータ通信量は4月に前年同月に比べて58%増えた。ゴールデンウイーク期間(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]