トルコ・ブラジル・インド、20年はマイナス成長へ
新型コロナ影響、通貨安や都市封鎖など

2020/5/29 23:15
保存
共有
印刷
その他

【イスタンブール=木寺もも子、サンパウロ=外山尚之】主要な新興国であるトルコ、ブラジル、インドは2020年、いずれもマイナス成長になる見通しだ。新型コロナウイルスの感染拡大による通貨安や都市封鎖などが響き、4月以降、経済の減速が鮮明になっている。各国はなお感染抑制に成功しておらず、経済収縮の幅は今後、先進国を上回る可能性がある。

トルコ統計局は29日、1~3月期の実質成長率が前年同期比4.5%だ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]