サッカー

Jリーグ再開へ クラブ、試合勘や過密日程と向き合う

2020/5/29 21:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サッカーがしたくてうずうずしていた選手らは、ようやくトンネルの出口が見えてきた心地だろう。ただ、新型コロナと共存しながらの再開は従来と異質のもの。前例のない困難も待ち受ける。

関連記事
・サッカーJ1、7月4日再開 全選手にPCR検査実施

チーム練習は再開されつつあるが、頻繁な接触プレーを伴う練習試合までは段階を踏む必要がある。試合勘はどうか。「焦って練習をやり過ぎると選手はケガをする」と思案するの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 サッカー日本代表と東京五輪男子代表の兼任継続が決まり、オンラインで取材に応じる森保監督(14日)=共同

 サッカー日本代表と、原則24歳以下で編成する東京五輪男子代表の兼任継続が決まった森保一監督が14日、オンラインで取材に応じ「最終的な結果で期待に応えたい。五輪の金メダルを目標に選手もスタッフも成長し …続き (14日 18:22)

 左膝の大けがからの復帰を目指すJ1川崎の中村憲剛が14日、オンラインで取材に応じ「8月中に試合に戻れればいい」と見通しを示した。昨年11月に前十字靱帯損傷および外側半月板損傷で全治約7カ月と診断され …続き (14日 18:07)

セビリア戦の前半、攻め込むマジョルカの久保建=左(13日、セビリア)=共同

 【ロンドン=共同】サッカー元スペイン代表MFのルイスガルシアとメンディエタの両氏が13日、オンラインで記者会見し、同国1部リーグのマジョルカで活躍する久保建英について、同じ左利きの技巧派だったルイス …続き (13日 20:17)

ハイライト・スポーツ

[PR]