サッカー

Jリーグ再開へ クラブ、試合勘や過密日程と向き合う

2020/5/29 21:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サッカーがしたくてうずうずしていた選手らは、ようやくトンネルの出口が見えてきた心地だろう。ただ、新型コロナと共存しながらの再開は従来と異質のもの。前例のない困難も待ち受ける。

関連記事
・サッカーJ1、7月4日再開 全選手にPCR検査実施

チーム練習は再開されつつあるが、頻繁な接触プレーを伴う練習試合までは段階を踏む必要がある。試合勘はどうか。「焦って練習をやり過ぎると選手はケガをする」と思案するの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

オスナブリュック戦の前半、攻め込むハノーバーの原口=左(25日、オスナブリュック)=共同

 【デュッセルドルフ(ドイツ)=共同】サッカーのドイツ2部リーグで25日、原口元気と室屋成のハノーバーは敵地でオスナブリュックに1―2で敗れた。原口はフル出場し、右サイドバックで先発した室屋は後半28 …続き (10:03)

ヘルタ戦の後半、競り合うEフランクフルトの長谷部=左(25日、ベルリン)=共同

 【ベルリン=共同】サッカーの海外各リーグは25日、各地で行われ、ドイツ1部で長谷部誠と鎌田大地のアイントラハト・フランクフルトはヘルタを3―1で下し、今季初勝利を挙げた。鎌田は攻撃的MFでフル出場し …続き (9:12)

 J1神戸の三浦淳寛新監督(46)が25日、神戸市内での練習後にオンラインで取材に応じ、初采配となる26日の札幌戦(ノエスタ)に向けて「やると決めたからには覚悟を持って、ヴィッセルのために全力を尽くし …続き (25日 13:01)

ハイライト・スポーツ

[PR]