サッカー

Jリーグ再開へ クラブ、試合勘や過密日程と向き合う

2020/5/29 21:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サッカーがしたくてうずうずしていた選手らは、ようやくトンネルの出口が見えてきた心地だろう。ただ、新型コロナと共存しながらの再開は従来と異質のもの。前例のない困難も待ち受ける。

関連記事
・サッカーJ1、7月4日再開 全選手にPCR検査実施

チーム練習は再開されつつあるが、頻繁な接触プレーを伴う練習試合までは段階を踏む必要がある。試合勘はどうか。「焦って練習をやり過ぎると選手はケガをする」と思案するの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 プロ野球とサッカーのJリーグが新型コロナウイルスの感染拡大に連携して対応するために設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第11回会議が6日、オンラインで開かれ、プロ野球の斉藤惇コミッショナーと …続き (6日 12:59)

フルミネンセ戦でフル出場したボタフォゴの本田(5日、リオデジャネイロ)=共同

 【リオデジャネイロ=共同】サッカーのリオデジャネイロ州選手権後期準決勝で5日、本田圭佑の所属するボタフォゴはフルミネンセと0―0で引き分け、1次リーグの結果により敗退した。本田はフル出場した。
…続き (6日 10:15)

SPAL戦の前半、パスを出すサンプドリアの吉田(5日、ジェノバ)=共同

 【ミラノ(イタリア)=共同】サッカーの海外各リーグは5日、各地で行われ、イタリア1部(セリエA)でサンプドリアの吉田麻也はSPAL戦にフル出場し、3―0の勝利に貢献した。ボローニャの冨安健洋はインテ …続き (6日 8:45)

ハイライト・スポーツ

[PR]