/

この記事は会員限定です

地銀、新型コロナ対策の「昼休み」終了 一部は継続

列島発

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って店舗の昼休みを導入した地銀が、店舗の営業時間を平常通りに戻している。政府が全国の緊急事態宣言を解除し、経済活動が本格的に再開してきたためだ。ただ、北九州市で新規感染者が再び増え始めるなど、感染拡大の第2波の恐れもある。一部の地銀は昼休みを当面継続している。

めぶきフィナンシャルグループ(FG)傘下の常陽銀行と足利銀行は5月下旬、両行の地盤の茨城県や栃木県で2交代勤務と昼休み休業を終了した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り682文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン