岡山市、50人を非常勤で雇用 コロナで解雇・内定取り消し

2020/5/29 20:53
保存
共有
印刷
その他

岡山市は29日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う影響で雇い止めや内定取り消しを受けた人50人程度を非常勤職員として緊急雇用すると発表した。年齢や学歴、居住地などは問わず、廃業した人も対象とする。既に同日から募集を始めており、就労支援に加えてコロナ関連で多忙な部署の人手確保にもつなげていく。

経済・生活支援関係を中心に、新型コロナの影響で業務が急増している本庁や出先機関の部署の事務補助で30人程度、市立保育園・認定こども園の事務補助と給食調理員として各10人程度を募集する。期間を区切った会計年度任用職員としての採用で、任期は最長2021年3月31日まで。

募集は当分の間受け付ける。6月5日までに申し込みを受け付けた人については、初回選考後に最短で事務補助は15日から、給食調理員は7月1日からの採用を予定している。岡山市ではバブル崩壊などで就職難だった「就職氷河期世代」の支援でも、年内に正規職員として6人程度の採用を予定している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]