/

「ようやく一歩、でも不安」再開予定の塾やジム関係者

(更新)

6月1日から休業要請が緩和される対象のスポーツジムや学習塾の関係者からは29日、安堵の声が広がった。

東京都の新型コロナウイルス感染症対策本部会議(29日午後、東京都庁)=共同

「やっとかという思い。苦しい1カ月半だった」。都内にあるパーソナルトレーニングジム2店舗を6月1日から再開するエイジレスフィット(横浜市)の六崎健太朗社長は胸をなで下ろす。

営業再開に向けて利用者に検温してもらったり、トレーナーが体を触らず距離を取って指導したりする感染対策に力を入れてきた。六崎社長は「やりすぎぐらいの意識で対策を徹底していきたい」と話す。

6月以降の予約は平常時の4割程度にとどまり、今後感染が広がらないかどうか不安も募る。「オンラインでのトレーニングを充実させるなど、サービスを見直していく必要があるかもしれない」と話した。

1日から対面授業を再開する学習塾の男性講師(42)は「講師や友達に会いたいという生徒からの声もあった。感染対策を徹底して教室を開きたい」と語る。講師はフェースシールドを着用して授業を行うなど感染対策に細心の注意を払う。それでも「正直、(都内で)感染が完全に収まったわけではない。本当に大丈夫なのかとの不安もある」と漏らした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン