/

この記事は会員限定です

古民家と「三玲の庭」守り抜く 広島の仏料理オーナー

MyWay 岡本忠文さん

[有料会員限定]

広島市街地をJR可部線沿いに北に抜けた住宅街にある、古民家を改装したフランス料理店「桜下亭」。築150年の建屋を、オーナーで合同会社ジャオ社長の岡本忠文(68)がレストランに切り替えた。ここには昭和を代表する作庭家、重森三玲が60年前に造営した日本庭園がある。父親から受け継いだ庭を「絶対に残していきたい」と維持、継承していく思いを込めて始めた店だ。

縦向きの石組みとモダンな苔(こけ)の地割りで構...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り907文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン