千葉市、給付金のオンライン申請終了 6月4日に

2020/5/29 19:52
保存
共有
印刷
その他

千葉市は29日、新型コロナウイルス対策で国が国民に一律10万円を支給する「特別定額給付金」のオンラインによる申請受け付けを6月4日に終了すると発表した。入力ミスなどの多いオンライン申請をやめて郵送による手続きに一本化し、速やかな給付を目指す。

同市は29日から郵送形式の申請書の発送を始めたことも発表した。受け付けは6月1日~8月31日。振り込みは申請書の受理後2週間~1カ月程度かかるという。

オンライン申請は入力項目が郵送形式よりも多いことなどから誤りが多発し、確認作業の負担から停止や終了に踏み切る自治体が全国で相次ぐ。千葉市も熊谷俊人市長が28日、誤記入への対応に職員が追われていると明らかにしていた。千葉県内では旭市が22日に一時停止し、習志野市も5月末で終了とした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]