8/15 16:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,289.36 +39.75
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
23,280 +70

[PR]

業績ニュース

LIXILグ、125億円の最終黒字に回復 20年3月期
1300億円融資枠設定

2020/5/29 20:30
保存
共有
印刷
その他

LIXILグループが29日発表した2020年3月期連結決算(国際会計基準)は、最終損益(非継続事業を含む)が125億円の黒字(前の期は521億円の赤字)だった。ビル建材を手がけるイタリア子会社の関連損失が縮小した。新型コロナウイルスまん延による経営への影響に備え、同日、総額1300億円の融資枠を設定したことも明らかにした。

21年3月期予想は未定とした。新型コロナによる部品供給の滞りは解消したが、世界各地のロックダウン(都市封鎖)などの影響が不透明だ。このためメガバンク3行と融資枠を設定した。3月末の現預金は958億円と前年同月末比32%減少。月商の約0.7カ月分に当たり、一般的に安全とされる約1カ月を下回っている。

黒字回復の主因はイタリアのペルマスティリーザ社の関連損失が182億円(前の期は777億円)に縮小したこと。買収時ののれんや同子会社が持つ資産に関する減損損失などが減った。

同日、米企業に売却予定のペルマ社を除いた継続事業ベースの前期業績も公表。売上収益は微増の1兆6944億円、当期利益は12%増の319億円だった。価格改定や生産効率化でサッシなどを製造するハウジング事業の採算が向上。北米や欧州の事業も好調だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム