東洋紡、エアバッグ素材の防護服を開発

2020/5/29 19:02
保存
共有
印刷
その他

東洋紡は29日、豊田合成などと共同でエアバッグの生地を使った防護服を開発したと発表した。コロナウイルスの感染拡大で物資の不足が深刻な医療機関を支援する。既に200着を愛知県の病院などに提供した。感染の第2波に備え、月5万着まで生産できる体制を整えた。

東洋紡が豊田合成などと共同で開発したエアバッグ生地を使った防護服

表面がシリコーンで覆われているサイドエアバッグの生地を防護服に使う。東洋紡が手掛ける製品の中でも通気性が低いため、飛沫感染を防ぐのに適している。洗って再利用もできる。東洋紡が中国とタイの工場で生地を生産し、豊田合成と取引がある中国企業が現地工場で縫製する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]