/

長崎の伊客船、31日に出港へ 船内感染者ゼロ

長崎県は29日、乗員に新型コロナウイルス感染が拡大したイタリア籍クルーズ船「コスタアトランチカ」が31日に停泊中の長崎市を出港し、フィリピンのマニラに向かうと明らかにした。船内の陽性者は全員、陰性が確認された。

県によると、29日にはさらに陰性の乗員18人が帰国の途に就き、残る乗船者は145人になった。市内の感染症指定医療機関には4人が入院しており、退院後に航空機での帰国を検討しているという。県の中田勝己福祉保健部長は「無事に出国できるように支援し、引き続き入院者の対応をしていきたい」と話した。

最初に感染者が確認された4月20日時点の乗員は623人で、これまでに計149人の陽性が判明した。

運航会社「コスタクルーズ」は29日、長崎県や長崎市、現地医療機関への感謝のメッセージをホームページに掲載した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン