/

びっくりドンキー、開業延期の新業態が6月オープン

びっくりドンキーを展開するアレフ(札幌市)は29日、タブレット端末やセルフレジを導入して少人数のスタッフで運営する新業態店「ディッシャーズ」を開業すると発表した。神奈川県藤沢市の「江ノ島店」が6月1日、東京都新宿区の「新宿住友ビル店」が6月15日に開業する。

1号店は片瀬江ノ島駅近くの商業施設「ENOTOKI」内で4月13日開業の予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で延期していた。新宿の2号店はモーニングメニューを導入し、ビジネスパーソンの集客を狙う。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン