豊田合成、防護服200着を無償提供 エアバッグ生地製

2020/5/29 18:00
保存
共有
印刷
その他

豊田合成は新型コロナウイルスの検査や治療で使える防護服200着を製造し、名古屋大学医学部付属病院などに無償提供した。医療資材の不足を防ぐため、主力製品であるエアバッグの生地を転用した。今後は医療機関への販売を計画している。

豊田合成が名古屋大学医学部付属病院などに提供した医療用の防護服

エアバッグの生地は、ナイロンをシリコンでコーティングしているため空気を通さない。そのため防護服の素材として活用でき、洗って繰り返し使える。東洋紡などと共同で企画し、名大病院の医師らからアドバイスを受けて製造した。

豊田合成は東京都医師会にPCR検査用の車両を提供するなど、新型コロナに対応する医療現場の支援に力を入れている。今後もニーズに応じて様々な形で医師らのサポートを継続する方針だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]