/

賭けマージャン参加の社員、停職1カ月に 朝日新聞社

朝日新聞社は29日、辞職した黒川弘務・前東京高検検事長と賭けマージャンをした男性社員(50)=人事部付=を同日付で停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。管理責任を問い、当時上司だった福島繁・執行役員経営企画室長を譴責(けんせき)とした。

同社によると、社員は新型コロナウイルスに伴う政府の緊急事態宣言が出ていた4~5月に計4回、産経新聞記者の自宅で黒川氏らと賭けマージャンをした。社員は当時、東京本社の経営企画室で管理職を務めていた。黒川氏とは社会部の司法担当記者時代に知り合ったという。

朝日新聞社の中村史郎・執行役員編集担当兼ゼネラルマネジャーは「皆さまの信頼を損ねたことを重く受け止め、改めて深くおわびいたします。報道倫理が問われる重い問題と受け止めており、取材先との距離の取り方などについて整理し、改めてご報告いたします」とのコメントを出した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン