新型コロナ対策、がん・産科・小児の専門家に聞く

コラム(社会・くらし)
2020/5/31 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスを巡り4月に全都道府県に出された緊急事態宣言が5月25日に解除され、感染対策は一つの節目を迎えた。流行の影響は感染症分野にとどまらず、医療界全体に対策と変革を迫った。特に患者らの動揺が大きかったがん治療、産婦人科、小児の3領域の医師に、取り組み状況や今後の備えを聞いた。

■がん治療「検診控えを懸念」(日本臨床腫瘍学会 石岡千加史理事長)

――新型コロナウイルス流行の影響はあるか。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]