/

この記事は会員限定です

[FT]香港国家安全法、外国企業は「平穏戻るなら甘受」

[有料会員限定]

香港で昨年、刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正案をめぐり、200万人の市民が街頭での抗議行動に繰り出した際、外国銀行や企業、法律事務所の関係者も陰ながら応援していた。

しかし先週、中国政府が香港に「国家安全法」を導入する方針を示したことを受けて暴力的な抗議行動が再燃するなか、そうした支援は後退を見せている。

国家安全法は市民的自由の大幅な制限につながる恐れがあると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2864文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン