7/14 9:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: NYダウ続伸10ドル高 一時563ドル高もコロナ再拡大嫌気
  2. 2位: コロナ下、動き出す消費 家電や自転車に給付金需要[有料会員限定]
  3. 3位: IT株騰勢でにじむ焦り 機関投資家、出遅れ挽回へ[有料会員限定]
  4. 4位: 米ファイザーの新型コロナワクチン、FDAが優先審査
  5. 5位: 半導体2兆円買収 帰ってきた合併の月曜日(NY特急便)[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,632.38 -152.36
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,620 -90

[PR]

業績ニュース

ソフトバンクG、役員報酬総額1割減

2020/5/29 15:41
保存
共有
印刷
その他

決算発表するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(18日)

決算発表するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(18日)

ソフトバンクグループ(SBG)が29日に公表した定時株主総会招集通知によると、2020年3月期の役員の報酬等の総額(基本報酬、賞与、株式報酬の総額)は14億7000万円だった。前の期比1億5700万円(約10%)減少した。個人の報酬額首位はマルセロ・クラウレ副社長で17%増の21億1300万円だった。

孫正義会長兼社長は9%減の2億900万円、ロナルド・フィッシャー副会長は79%減の6億8000万円だった。「ビジョン・ファンド」運営会社の最高経営責任者(CEO)、ラジーブ・ミスラ氏は16億600万円と倍増した。

招集通知によると、みずほ銀行からの借入額が増えている。同社は「国内外の子会社が中心で、SBG本体での借り入れが主因ではない」と説明している。2019年7月にはみずほ銀など銀行団と総額3300億円のコミットメントライン契約も締結していた。

金融機関からの借入金は1年で1兆1725億円増えた。SBG本体では488億円、通信子会社ソフトバンク(SB)では7403億円増えた。保有株を担保にした借り入れも増えた。中国アリババ集団株とSB株を担保とした借入残高はそれぞれ4677億円、4974億円増加した。

SBGは市場環境の悪化を踏まえ、足元では「守りの財務」にかじをきっている。21年3月期中に4.5兆円の資産を売却し、自社株買いと負債削減に充てる。新規投資を抑制し、現金を確保する考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム