製紙連会長に日本製紙の野沢社長が就任

2020/5/29 15:23
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本製紙連合会(東京・中央)は29日、日本製紙の野沢徹社長(61)が20日付で会長に就任したと発表した。矢嶋進会長(69、王子ホールディングス会長)は任期満了で退任した。製紙連の役員は2年が任期。会長職は2002年から日本製紙と王子が2年ごとに務めるのが慣例となっている。野沢氏は就任にあたり、「需要環境の変化を見極めつつ、持続可能な企業経営に向けた取り組みを一層…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]