困窮学生の支援広がる 奨学金や200円弁当などで

2020/5/29 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北陸でアルバイト収入の減った学生を支援する動きが広がっている。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて飲食店などの仕事が減り、学費や生活費の支払いに困る学生が増えている。大学や自治体が相次いで対策をとっているほか、企業からも支援の手が伸びる。

「収入の少ない状態が続くと、生活費が足りなくなる」。金沢市の大学3年生の女性は不安を訴える。飲食店と学習塾のバイトをかけもち、感染拡大前は1週間に5~6日働い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]