/

この記事は会員限定です

複合化するリスクに備えを 久保英也・日本リスク学会長

科学記者の目

[有料会員限定]

防災や医療など様々なリスクの研究に携わる研究者が組織する日本リスク学会は、ホームページに特設サイトをつくり新型コロナウイルス感染症に関する情報を積極的に発信している。久保英也学会長(前立教大学大学院特任教授)は「(ひとつのリスクが他のリスクを次々に呼び込む)リスクの複合化への備えが大事だ」と、リスク管理の立場からコロナ禍の教訓を指摘する。

日本リスク学会のサイトでは、国際リスクガバナンスセンター(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1964文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン